• ・上司と残業しているとガスゥと異音 → 自分「お、なんか刺さってんな~」
  • ・【大逆転】宝くじで1等3億円を当てた友人に絶縁された。私たちがうまく反応できずにいたことや金遣いが荒くなったことへの忠告を友人は『嫉妬』だと思い込んでしまって…
  • ・可愛がっていた後輩が「先輩なんか奢って下さいよ!」と言うので俺のお気に入りだった小料理屋に連れて行ったら後輩も常連となった→その結果は予想も付かないもので…
  • ・【不幸すぎる結婚式】披露宴が進行中、新郎(ムスッ) →会場(ざわざわ…) →自分(気丈に振る舞ってる新婦がなんだか可哀想…) →後に知った事実に…
  • ・アウトレットモールで。夫『トイレいきたい』私「待っとくよ」→私「遅いな…」夫電話『事務所にいるから来て欲しい…』私「えっ?」→行ってみると…
  • ・【ゾッとした...】タクシーに乗ってきた客「運転手さん、子供いる?」運転手「ええ、2人います」客「そう... もし、いないって言ってたらさ...」
  • ・【不幸な結婚式】恩師「新婦ちゃんキレイだねー!これなら、俺が手を出してもよかったかなー?www」→ 新郎がビール瓶を投げつけ…
  • ・「完全にバレた。どうしよう… 昨日旦那が帰って来なかった。悔やんでも悔やみきれない。旦那が戻って来てさえくれれば、もう絶対こんな事しない。」だったら最初からやんなよw
  • ・俺、大学生をひきころす。警察「お咎めなし」俺「え!?」遺族「ご迷惑をおかけしました」俺「え!?」 → 今も心の中は修羅場だ
  • ・【衝撃】銀行の駐車場で落ちている封筒を見つけた。私「もしかして中身は…(ゴクリ」→中を見てみると、諭吉さんが何人もいた!震えながら運転して交番に届けた結果
  • ・玄関に手を掛けると、鍵がかかってない。俺「あれ?嫁いるのか?」→中から「やめてー!」と声が聞こえてきて…
  • ・私(しまった!旦那にウワキ現場見られちゃった…ヤバ) →旦那『ぺこ(会釈)』私(えっと…?) →帰宅後、一切のお咎めなし…これって…
  • ・車にはねられた!運転手「大丈夫ですか?」私『はい』→ 立ち上がろうとすると、急ぎ足で車に戻った運転手に、今度はバックではねられ…
  • ・痴漢を捕まえて警察に引き渡した。俺「もう安心だ。帰ろう」警察「あ、待って」→本当の修羅場が始まった…
  • ・「一瞬、何が起きたのかわからなかった…」新幹線で子連れ女が凄いことをヤリだした!!!
  • ・買ったばかりのカメラで嫁と間男を撮った。2人とも固まってはいたが、いい写真が撮れたと思う。明日は間男の結婚式なので、面白い余興のネタが出来たwwwつーか、胃が痛いwww
  • ・【閲注】病院の受付「○○さーん」女「はい」私「(どっかで聞いたような…)」→ググってみたら…
  • ・【黒い話】私「先生、私も個人レッスンしてほしいんですが…」顧問「君はかなり上達してるから大丈夫」私「…」その後…
  • ・現役刑事の義父「ぶっちゃけて欲しいんだが、実は同性愛者だったりするの?」俺「え?」→全てを白状させられ…
  • ・実家に年の離れた弟がいる。実は中学の時に産んだ私の子。父親はなんと… → 母「許してくれ(泣)」私(進学せずに育てるか…)
  • ・夜の店のサイトを見てたら、嫁を見つけた。泣きながら嫁を怒鳴りつけたら、そのまま離婚になった。
  • ・妹が私の婚約者とウワキ&妊娠。両親「譲ってやれ」私『おk。絶縁』→結婚式当日、新郎両親「え?花嫁が違う」参加者「ザワザワ」→元婚約者(真っ青)妹(号泣)結果…
  • スプーン入れ忘れのクレームで相当ヤバイ怒り方をしていたDQN。入れ忘れた相方はかなり参っていたので俺が助けた。

    俺が学生時代にコンビニでアルバイトをしていた時の話。

    いつも二人ペアでアルバイトをしていたのだが、その日の相方は1歳年下の女子大生だった。

    それなりに仲は良かったが恋愛感情を抱くほどではなかった。

    午後7時過ぎ店の電話が鳴った。俺が出た。

    電話の相手はDQN客で「おめーのとこのさっき買い物をしたんだが、アイスのスプーンが入ってねぇ!!どういうことだゴルァ!」と激しくキレていた。俺はただただ平謝り。

    DQN客「俺を何様だと思ってるんだ!ゴルァ!俺んちに今すぐスプーン持って来いや!」

    俺「はい、わかりました。では住所を教えていただけますか?」

    そうやってDQN客の住所を聞き出した。

    そぐに相方にDQN客からクレームをあったことを告げた。

    すると相方は「ゴメン、入れ忘れたの私です。」

    レジカウンターの上にあった入れ忘れたスプーンを指差した。

    こういうクレームは結構ある。

    俺は動揺を隠せないまま、クレーム対応はいつもオーナーかその奥さんに任せる事になっていたのでオーナーの携帯に電話をした。しかし出ない。

    俺はヤバイと思い、次にオーナーの奥さんに電話した。

    しかし奥さんも出ない。何度か電話したが出ない。俺はますます焦った。

    そして数分後。またDQN客から電話があって今度は相方が出た。

    どうやらDQN客は今までに増してキレて、早く持って来いと要求してきた。

    相当激しい口調らしく、相方もかなり動揺し、今にも泣き出しそうな表情をしていた。

    しかし、オーナーとは連絡が取れない。

    もうこれは俺がどうにかするしかないと思い、俺「よし、俺が行ってくる!俺が行ってきっちり謝って来るから、○×さん(相方)は店に残って待ってて。何かあったら俺の携帯にすぐに電話して!」と言った。

    相方はかなり動揺しているのか、うつむきながら「本当にゴメン。」と小さく呟いた。

    俺は店にあった住宅地図を広げDQN客の家を調べた。

    自分の地元ではなかったから全然わからなかった。

    どうにか見つかり、スプーン3本と店で販売していた和菓子の詰め合わせと携帯を握り締め、相方に「すぐに戻ってくるから待ってて!」言い、バイクに飛び乗った。

    近くまで来たが時間は8時くらいで暗くてわからない。

    適当な場所にバイクを停めて地図を確認しながら探し回った。どうにか見つかった。

    その家の車庫には見事なまでのフルスモ&車高短のDQNカーがあった。

    家のチャイムを鳴らすと作業着を着た30前後の男が出てきた。

    そして「おめーおせーーよ!何やってんだよ。」などと激しく小一時間説教を受けた。俺はただ謝るだけ。

    おわびの品の和菓子を差し出すとDQN客は「おっこれもらっていいの?もういいや。お前帰れよ。」と言いドアを閉めた。

    俺はかなりボロボロになりながらも店に戻った。

    すぐに相方に「心配しなくてもいいよ。どうにか届けて謝ってきたから。」と伝えた。

    相方は「本当にゴメン。悪いのは私なのに。」と俺に涙目になりながら言った。

    相方は一本の電話で相当のDQNに責められたらしくかなりシヨックを受けたいた。

    その後数日間アルバイトを休んだ。

    俺は気になって相方に電話をした。

    相方はやはり今までにないショックでアルバイトを休んでいたらしい。

    俺は「もう終わったことだし気にしなくていいからな。」とだけ言った。

    それから次からは相方もアルバイトに来るようになった。

    そして、俺と相方は来月結婚します!

    元記事 https://life7.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1159617242/

    コメント

    1. ぱぱらぱあ より:

      そんな女でいいのか?
      この記事からはその女のいいところが1ミリも感じられないが。