祭りもそろそろ終了という頃になって爆音がなり響いた。暴走族だった。



胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(52)
911: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/01(金) 19:35:16 ID:zbPYyHrr

警備員として働いていた夏、祭りの会場に派遣された。
違法駐車その他もろもろを防ぐため会場周辺に等間隔で配置され、俺はその中でも若者がたむろしてトラブルを起こしやすいコンビニ前に配置された。

思いのほか平和な時間がすぎていたが、そろそろ終了という頃になって爆音がなり響いた。
暴走族だった。
祭り会場周辺をぐるぐると回る。
そしてふたたび接近してきたとき、族の前方を塞ぐようにパトカーが到着。
族はUターンしたいようだが、二人乗りのためなのか車体を大きく傾けられず大回りとなる。
そして俺にヘッドライトを向けた。
コンビニ駐車場に突っ込み、そのスペースも利用して曲がるつもりらしい。
俺は怯まず仁王立ちになっていたら、族は俺まで警察官だと勘違いしたのかその場で立ち往生。その場で何とか切りかえそうとして無様にコケてあえなく御用となったのだった。



912: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/01(金) 19:41:58 ID:0ryRAZgl

制服GJ!


914: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/01(金) 19:43:03 ID:oISMw5hz

帽子GJ!


916: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/01(金) 19:47:36 ID:8WzNJT0E

>>911
マジでGJ!!


917: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/01(金) 21:42:40 ID:NtRQXITW

警備員の鑑だ


関連記事
こんな記事も読まれています
おすすめサイトの最新記事(外部サイト)





ブログパーツ
[ 2017/05/31 16:01 ] ◆人々 DQN | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイトの最新記事(外部サイト)