さっきの母の切り替わりは少しズルイとも思いましたが、 これもたまにしかしない親孝行だと思いました。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!12

301: おさかなくわえた名無しさん 04/03/27 17:34 ID:s2lA1HJD
私は母と二人暮らしです。
ある休日の夕方、母が夕食の支度中、
玄関に来客がありました。
母はキッチンを出て対応に行き、
私はリビングでテレビを見ていました。
何となく話し声が聞こえてくるのですが、
なかなか母親はキッチンに戻ってくる様子が
なく、「お隣のおばあちゃんと長話でもしてんのかな」と
放っておいたのです。
しかし、キッチンでは鍋が吹きこぼれようとしており、
私はガスレンジのスイッチを消しにキッチンへ向かいました。
玄関からの話し声を良く聞くとおばあちゃんではなく、
男の人と話しているようでした。
誰かと思い、玄関へ向かってみると、
初老の貧相な感じの男が何かを薦めている感じで、
母と話していました。

302: おさかなくわえた名無しさん 04/03/27 17:35 ID:s2lA1HJD
続き)
母親に「誰?」と囁くと「いいから」と返してきました。
もう私の中では、男は新聞の拡張員だということは分かってました。
「鍋、吹きこぼれてたよ」と声をかけると合図のように、
「あ、じゃぁ今度は息子が話を聞きますから」と
キッチンに去って行きました。
私は少しウンザリし、拡張員の前に立ちはだかりました。
「あぁ・・・お兄さん、野球のチケットあるけど・・・」
「いらない! 帰った方がいいっすよ」
初老の拡張員は、おばさん相手からいきなり
背の高い(178センチ)若い男に変わったので、あせり初めていました。
しかもその時、私は風邪で喉をやられており、
出す声も怖かったのだろうと思いました。
さすがに相手は老人なので、乱暴な口調は避けてみました。
「・・・・サッカーとかは・・・?」
「帰った方がいいっすよ!」(少し睨んでみました)
「あ、そう・・・ごめんなさいね、帰ります」
あっさりと拡張員は引き下がりました。
さっきの母の切り替わりは少しズルイとも思いましたが、
これもたまにしかしない親孝行だと思いました。

大した話じゃなくてすみません。(終)

307: おさかなくわえた名無しさん 04/03/27 17:44 ID:FoeYevUB
>>302
あんまりスーっとしないんだけど…
でも、お母さん大事にしてね。

こんな記事も読まれています




おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    野郎なら女子供を助けるのが当たり前
    ましたや家の事ならなおさらだろ