「ふん…。なんだよ、このしわくちゃババァが…。お前なんて○○の相手にもなんねーよ」



313: (1/2) 04/12/09 12:33:30 ID:J63Vn7qt

あれは、中学1年のときだった。
我が家の隣にはFM局のスタジオがあって、たまに有名ミュージシャンが来るので
よくファンがスタジオの前にたむろしていた。
ある日隣に、その頃超有名でファンが熱狂的で知られている某バンドがやってきた。
学校から帰ると、自宅の前に赤やら青やら金色やら、とにかく色見本のような派手な
髪と格好の女の子たちが座っていた。しかも自宅のまん前に。
我が家は商売をしていて、その店の前の地べたに座っていたのだ。
当時バンドなどに免疫のなかった私は、自宅の前で立ち尽くし、入れずに半泣きだった。
その時、一番は出そうな女の子の後ろに、二人の影が。
母と祖母だった。
「あんた達、商売の邪魔だよ!!さっさとおどき!!」祖母の容赦ない一喝が飛ぶ。
大声にびっくりした少女たちだったが、相手が老婆だと知って見縊ったのだろう。
「はぁ?るっせーなー、ばばぁ。ここお前の土地だって規定があんのかよ。あたし達が
どこにいようと勝手だろ?」と口々にキレだす。
そこで、祖母の怒りが臨界点を超えた。
「ああそーかい。じゃあ、あたしも勝手にさせてもらうよ!!」と祖母はスタジオへ
怒鳴り込む。
少しすると、FM局のスタッフや管理人やバンドの関係者が飛び出てきて、祖母に謝り倒す。
その間に母は自宅から塩を引っ付かんでやってきた。
「これ撒かれないうちにさっさとどきなさい!」




314: (2/2) 04/12/09 12:33:55 ID:J63Vn7qt

腰を浮かしかける少女たちに、スタッフが飛んできてようやく整理を始めた。
それでも怒りのやり場がないらしい少女たちはまだぶつぶつと、
「ふん…。なんだよ、このしわくちゃババァが…。お前なんて○○の相手にもなんねーよ」
祖母が不敵な笑みを浮かべて(これが本当なんだから恐ろしい)
「安心しな。あんたらも50年経ったらこうなるんだよ。それにあんたらのお熱の人になんか
相手にもされたくないね」
その一言に集まっていた町内の人や野次馬から拍手が上がった。
彼女たちが整理され列の中に消えていくと、祖母が私に詰め寄ってきた。
「私の目の黒いうちは当然あんたにあんな下着みたいな格好させないけどね、もし
私がくたばってからでもあんな格好してごらん。祟ってやる」と言い、私を連れて
家へ戻っていった。昔から気の強い祖母だとは思っていたけれど、まさかここまで
啖呵を切れるとも思っていなかった私は、本気で腰を抜かしかけた。
(後で聞いたら、散歩の帰りに通り過ぎざまに「きったねーなーババァ」と吐き捨てた
いかにも悪そうなヤンキーたちに、謝るまで説教したらしい)
大正生まれの剛の祖母、恐るべしである。


322: おさかなくわえた名無しさん 04/12/10 14:51:44 ID:NqTe7Js1

ばあちゃんGJ!


315: おさかなくわえた名無しさん 04/12/09 13:26:03 ID:x5Tj9aqk

ばぁちゃん、カッコよすぎ!
惚れちゃいそう!


316: おさかなくわえた名無しさん 04/12/09 13:35:45 ID:QLlstB+A

おばあちゃん、かっこいい!!
GJ!


関連記事
こんな記事も読まれています
おすすめサイトの最新記事(外部サイト)





ブログパーツ
[ 2017/02/16 12:03 ] ◆人々 DQN | TB(-) | CM(10)

  1.  

  2. 読むのが恥ずかしくなるほどの作り話やな。
    [ 2013/01/16 22:47 ] [ 編集 ]
  3.  

  4. 自宅で商売やってるぐらいだし、このばあちゃんがFMスタジオの土地建物の権利者なんじゃないの?
    [ 2013/01/16 23:22 ] [ 編集 ]
  5.  

  6. 作り物認定したがるやつは、自分もそういった妄想をして悦にいってるからこそそう思うんだろうなあ…
    [ 2013/01/17 02:19 ] [ 編集 ]
  7.  

  8. こういうばあちゃん好きだ。筋通ってるよな。
    [ 2013/01/17 07:53 ] [ 編集 ]
  9.  

  10. こういうクズバンギャってよくいるよな
    公道を我が物顔で占拠して、迷惑極まりない
    しかも高確率で永久に結婚できないメンヘラ揃いだからたちが悪い
    [ 2013/01/17 10:50 ] [ 編集 ]
  11.  

  12. ※2
    ありえるなぁ、それ
    怒鳴り込んだだけで実際スタッフからバンド関係者まで謝り倒すような事態にならんし
    土地関係が絡むならこれもあながち作り物とは言えないんだよね

    借地に間借りしてる側からすると死活問題だからなぁ
    [ 2013/01/17 10:57 ] [ 編集 ]
  13.  

  14. 土地の権利者というのは本当にありえるな。
    じゃもう貸さない、となったら上物とか台無しだし、
    あるいは頼み込んで一部をうってもらったとか、
    地元とのパイプとか、何かあるんじゃないか。
    [ 2013/01/17 17:18 ] [ 編集 ]
  15.  

  16. 多分土地の権利者だったんだよ。
    ウチの祖母が以前隣家の工事でとんでもない騒音出すから(防音もなかった)もっと静かにしてもらえないだろうか、それからすぐ傍にある地蔵に1回でいいので拝みにやってほしいと再三頼んでもおっちゃんら無視したからね。

    こういう昔の人はいつまでも尊敬しちゃうね。
    [ 2013/01/23 14:59 ] [ 編集 ]
  17.  

  18. ※8
    現場のおっちゃんじゃなくて、工事を発注してる人のほうに苦情持っていくほうが効果ある場合もあるよ
    [ 2013/01/25 11:53 ] [ 編集 ]
  19.  

  20. 物凄い作り話臭
    [ 2013/06/26 13:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

おすすめサイトの最新記事(外部サイト)