カラオケ行ったら義弟が音痴だった。まあ下手という自覚があるからまだいいんだけど、ウトに至っては・・・

ウトに「義弟君が音痴なのは、ウトさんの血なんですね^^」ってカラオケでいったことあるわw

旦那とトメは結構うまいんだけど、義弟とウトが物凄くヘタ。

義弟はヘタという自覚があるんだけど、ウトは自覚が無い。

自覚が無いからか、やたらと唄いたがって正直迷惑していた。

で、私だけじゃなく職場の人(友達がウトの直属ではないが部下にあたる)に声をかけてカラオケにいって、若い女の子から「課長補佐、○○唄ってください~」ってリクエストがこないと機嫌が悪くなる。

…という悪い性質をもっていたし、定期的に私と旦那と義弟(場合によっては義弟婚約者)をカラオケに引っ張りだし、ほとんどジャイアンのリサイタル状態になることもあったので、どっかで鼻をへし折ってやりたいと思っていた。

で、たまたま家族でカラオケにいったとき、無邪気に言ってやった。

固まるウト、義弟(こちらは天然)は笑顔で「あ。やっぱり。父さんヘタの横好きだもんね~」と同意。

旦那は一瞬目が泳いでいたけど、こっちについたほうが得策と踏んだのか「そうだよなぁ」とちょっとだけ同意して逃げていた。

二度とカラオケに誘われなくなった。

元記事 https://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1273870773/

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする