「荷物忘れそうだな」と思っていたら、案の定終点に着いて、 おじさんは荷物を放置したまま出ていった。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(27)

118: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/29(火) 20:49:25 ID:T9rMx82f
胸がスーッとしない、全然武勇伝じゃない話だけど聞いてください。
昨日、終電に乗っていたとき、はす向かいに座ってたおじさんが
酔っぱらってて、持っていた紙袋を座席の下に置いてたので、
「荷物忘れそうだな」と思っていたら、案の定終点に着いて、
おじさんは荷物を放置したまま出ていった。
俺はあわててその紙袋を持っておじさんを追いかけ、
「これ、忘れ物ですよ」と言って渡した。
そしたら、何とも言えない苦笑いを浮かべながら、
その荷物を嫌そうに受け取って、礼も言わずに去っていった。
おそらく、要らないものだったのでわざと置いていったんだと思う。
息を切らして追いかけていった自分が、すごく惨めだった。

119: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/29(火) 20:59:18 ID:yDDmRwdd
いいぞ>>118!!
お前みたいなのがいると思うとなんかしらんがほっとする!!!

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする