こっちの背中にやたらと寄り掛かってくる中年の親父がいたんだ。

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(23)

879: おさかなくわえた名無しさん 2005/09/09(金) 14:38:18 ID:dvsfidkj
ちょっと人を巻き込んでしまったが… 

満員電車の中、俺が座席の前のつり革に掴まって立っていると
こっちの背中にやたらと寄り掛かってくる中年の親父がいたんだ。

他の客に押されてやむなく寄り掛かるのなら許せるが、首を捻って見てみるとどうもそうじゃないらしい。
偉そうに腕を組んだまま、こっちを背もたれ代わりに使ってるみたいだったので
むかついた俺はわざと身体を前方に傾斜させ、もっと寄りかかり安いようにしてやった。
案の定、中年親父はそのまま深く寄り掛かってきた。

そうしておいて、俺は足を横向きに組み替え、つり革を支点に一気にうっちゃりの要領で身体を捻ってやった。
当然、支える俺の身体がが無くなった親父は変な悲鳴を上げながら
座席に座ってる別のおっさんの方へ倒れ込んだ。
慌てて座席のおっさんに謝る親父を尻目に、俺は悠然と別の場所へ逃げた。

目論見が上手くいってすげえすっきりしました。
でも、倒れ込まれたおっさんにはちょっと災難だったかも、すいませぬ。

880: おさかなくわえた名無しさん 2005/09/09(金) 14:56:32 ID:3FDfAjI2
おやじの変な悲鳴・・・。なかなか聞けるもんじゃないぞW

881: おさかなくわえた名無しさん 2005/09/09(金) 14:58:51 ID:VOru6VG+
WAROSU

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする