俺も俺の彼女もなぎなたの有段者。(ちなみに俺が三段で彼女が四段_| ̄|○) (再アップ)

10: おさかなくわえた名無しさん 04/11/17 22:08:19 ID:3hNptjiI
最近の話。
俺も俺の彼女もなぎなたの有段者。(ちなみに俺が三段で彼女が四段_| ̄|○)
ちょうどその稽古から一緒に帰る途中、6人(7人だったかも・・・)のDQN集団に絡まれた。
どうやら俺が彼女に笑いかけたのが、そいつらを笑ったものと勘違いされたらしい。
なんかいろいろ因縁つけられて(その時点で俺は内心「いまどきレアだなあ」とか思ってたけど)、「金を出せ」って流れになった。
とりあえず適当に流そうと、彼女を後ろに下げて俺がへりくだって話をした。
彼女の手前、威圧的になってもよかったけど、いざこざは起こしたくなかったからな・・・。
普段から「暴力沙汰とか嫌い」とか言ってた訳で、どうにかしようと思ってた。
でもコレが、やっぱりそうは行かないんだよな。
なんだかんだでDQN集団のリーダー格二人がキレはじめて、残りもそれに釣られるようにキレはじめた。
で、まあリーダー格の一人が俺につかみかかったんだわ。
俺は「殴られたら殴り返すくらいはいいかな」とかおもって、歯を食いしばって目をつむった。
そしたら次の瞬間、殴る音の変わりに風を切る音がして、俺は目を開いた。
彼女が、練習帰りなだけに持っていたなぎなた(型用の樫製のやつ、袋入り)をもう一人のリーダー格の額にぴったりとあわせて、静止してた。
目は試合中より怖かったと思う。
それで俺も自分がなぎなたを持ってることを思い出して(実は結構動転してて忘れてた)、とりあえず中段に構えた。
DQNの方も、数人がバットを持ってるという心の余裕からか、ちょっとひるみながらも襲い掛かってきた。
仕方ないのでそのバットを巻き落として、切っ先を首元に突きつけてみる。もちろん、効果てきめん。
それで完璧にひるんで、なんか知らないけど強がりながら逃げ去ったヽ(´ー`)ノ


11: おさかなくわえた名無しさん 04/11/17 22:25:19 ID:tfobJEZR
>>10
乙~
乱闘にならなくて良かったね

おすすめサイトの最新記事(外部サイト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする