私が高校生の頃、伯母が伯母の家に嫁いできた人(要は従兄弟のお嫁さん)の事を 本人の目の前でボロクソに言ってる場面に遭遇した



745: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/12 22:44:04 ID:k9Mzb6VK

私が高校生の頃、伯母が伯母の家に嫁いできた人(要は従兄弟のお嫁さん)の事を
本人の目の前でボロクソに言ってる場面に遭遇した

私は5人姉妹の末っ子である母から産まれてきたので、
伯母の従兄弟はみんな年上でその人達のお嫁さんも私より結構年上
みんな私を妹が出来たみたい、と何かと可愛がってくれた
中でも最も歳が近かったのがそのボロクソに言われてるお嫁さんで、
別に伯母の言うような鈍くさいとか、ブサイクだとかいうような事は
感じなかった(むしろいつも動き回っていて気が利く良い人だったように思えた)

本当にそうで叱ってるんならまだしもイチャモンを付けてるようにしか
見えなかったのでこれはドラマとかで見る嫁いびりってやつだ!と
すぐにぴんと来た
と同時に部活で先輩として後輩を指導する事がある私のスイッチが入った

「おばちゃん、ほんとにそう思ってるの?」
と二人の間に割り込み、言い訳をしたり嘘をついてその場を逃れようとする
後輩にするように距離を詰めて腕を組み、伯母を睨み付けた
伯母は急に現れた私に驚いてたけど、聞かれてた事に気づくと
表情を取り繕りながらも目を逸らして「冗談に決まってるじゃない、本気にしちゃって~」と
茶化してどこかへ行こうとしたので腕を掴んで引き留めた


[ 2017/08/09 08:01 ] ◆人々 オバ | TB(-) | CM(0)

ATMの行列を割り込んで来たおばさん。何言っても無視するから・・・



胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(111)
56: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/25(月) 12:15:39.57 ID:fQup1ZDi

自分の武勇伝じゃないが見た話。

銀行のATMで行列に混じって並んでいた時、その時は20人ぐらい並んでいた。
ATMは8台ぐらいあったので比較的テンポよくすすんでいった。
すると自動ドアから入ってきたみるからにずうずうしそうなおばさんが
行列をスルーしてATMで操作している人の後ろにピタっと並ぶ。
一同ポカーン。行員は他のATMで作業してた人の対応で画面にくぎづけで
見えていない。そして全員違和感を感じているはずなのに誰も文句言わない。
これは私が言うしかないと勇気メーターを上げていると、後ろのカップルの男が
「オバチャーン!後ろ並んでやあ!文字読まれへんのかー?」
と大きな声で言った。ナイス!と思っているとそのおばちゃんガン無視。
すると男が「あれ?聞こえへんのかな?赤い派手な服来て順番抜かしてるあなたですよー」
って。するとそのおばちゃんが振り返り鬼の形相で睨みつけてまた前を向く。
こいつ逆切れパワーで押し通す気か、とおもったら男が列から出てスタスタそのおばちゃんの
横まで歩き出した。まさか殴るんじゃなかろーかとドキドキしていると
急に中国語で話しかけた。怒った感じでおばちゃんに中国語でまくしたてる。
するとおばちゃんが「はあ?何言うてんのあんた!ここは日本やで!」と切れる。
男は「あ、すいません日本語わからんのかなと思いまして。顔も態度もあっち方面の方っぽいんで
てっきりそうかとっw日本語わかるなら並びましょうよ。これ読めるでしょ?」
と、こちらからお並びくださいの看板を指さす。
このあたりで行員が間に入ってきて「どうされました?」ときいたが
おばさんは顔真っ赤にしたおばさんは怒って出て行った。
私はそっと拍手したら他の人も男人か小さな拍手をしていた。
男が列に戻り、その男の彼女が「あれ中国語でなんて言うてたん?」と聞くと
「知らん。中川家礼二のマネしただけやw」ってw


[ 2017/08/01 16:01 ] ◆人々 オバ | TB(-) | CM(2)

幼稚園?の制服を着た女の子が、でかい犬に引きずり倒されてた。



267: おさかなくわえた名無しさん 04/03/27 14:37 ID:T+GTxuDs

去年の今頃の話。
アパートの前でバイクのワックス掛けも終わり、『ちょいとそこいらを流しましょうか~』と思った矢先、

「ギャーーーーーーーー」

と、尋常なる叫び声が・・・・
『何だ何だ!?』と思いつつ、叫び声が聞こえた児童公園で、
(アパートの前にバレーコートより一回り大きい位の小さな公園があるんよ)
幼稚園?の制服を着た女の子が、でかい犬(レトリバーかな?毛の長い奴)
に、引きずり倒されてた。

慌ててその犬の首輪を引っ掴み制圧&すっ飛んできたその子の母親に
「救急車と警察呼びな!」と、俺。

そうこうする内に救急車&パトカー到着、ついでに近所の人多数w
女の子と母親が救急車で運ばれて警官に俺が状況を説明中に、飼い主らしきオババ登場!
近所の人にもらったロープ(洗濯用かな?)に、縛り付けられた犬を見た途端、

「私の○○ちゃんにgkh;lxklbglxjg!!!!」(聞き取り不能)と、いきなりヒートアップ。
俺が「リードも付けないで、でかい犬放し飼いにしてんじゃねぇ!」と、返すと、
「私のsdjfhvkん;k・・・・!!!」
ええ、電波語満載で何言ってるかわからん絶叫のオンパレードですよ。

警官も呆れてパトカーにそのオババとぐるぐる巻きにされた犬と共にお持ち帰りして貰いました。


[ 2017/07/26 22:02 ] ◆人々 オバ | TB(-) | CM(24)

ある日そこに池沼の青年がやってきた。



胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!11
682: おさかなくわえた名無しさん 04/03/14 11:44 ID:Wfudsp5j

俺が学生時代の話。

バイト先のドトールに昼ごろからおばさんたちが集まって長逗留するようになったのね。
もう40過ぎくらいの暇持て余したおばさんたちだから、タバコ片手にコーヒー一杯で
昼過ぎくらいに来て3時4時まで延々と。お菓子とか持ち込んじゃったりして。
中央のでかい丸テーブル占拠しちゃって、他の客がすごい狭そうにしてんの。
一応客だから文句言えないし、おばさん相手にすると反撃がうるさいから放置してた。

ある日そこに池沼の青年がやってきた。
彼もうでっかい丸テーブル見て興奮しちゃって。
おばさん集団の威圧なんか気にかけない彼。注文もしないでいきなりテーブルに
ダイビングw
おばさん連中が置いてたお菓子とか撥ね散らかして、テーブルの上歩き回るわ
長々と寝そべるわやりたい放題。

付き添いのお父さんらしき人は慌てて下ろそうとするけど、周りの客もバイト店員
(俺含む)もその時はことのほか目が優しかった

「あーいいですよいいですよ」
「こっちで片付けときますから」
「こういうの楽しいですもんねぇ」
「 良 か っ た ら こ こ で 召 し 上 が り ま す か ? 」(←関係ない客)
「 ど う せ こ こ 誰 も 座 ら な い し 」(←関係ない客)
「 ち ょ っ と テ ー ブ ル 片 し ま す ね 」(←どさくさに紛れておばさんの荷物をどける俺)

おばさん連中はあたふたと退散して、翌日から来なくなった。


[ 2017/07/26 08:01 ] ◆人々 オバ | TB(-) | CM(0)

劇場で働いて2週間。客席案内をしていると、飲食禁止のところで食べているおばさん3人。私が何を言っても聞き入れなかったが、後ろのダンディーなおじさんが・・・



胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(115)
368: おさかなくわえた名無しさん ID:S8RUa9sm

かなり長文になってしまいました。すいません。

ある劇場でアルバイトを初めて2週間の頃。
その日の仕事は客席案内。

私の働いていた劇場はロビーの飲食は可能だが、ホール内は飲食厳禁。
たまに座席で飲食をしているお客さんもいるが、
注意をするとほとんどの人が「すいません」と言って、食べるのをやめるかロビーへ移動してくれる。

ある日、座席で飲食をしているおばさん3人組がいた。
「申し訳ございませんが、飲食は禁止となっておりますのでご遠慮いただけますか」と声をかけたところ、
「はあ?なんで?知らない知らない」と言って、食べるのをやめない。
私が「お手数ですが、ご飲食はロビーでお願いします」と言うと、おばさん達は大騒ぎ。
おばさん1「やだ、面倒くさい。もう始まっちゃうじゃない!(まだ開始まで15分ほどある)」
おばさん2「だめならだめって先に言ってよ!(ロビーで散々呼びかけたし、張り紙もしてある)」
そして極めつけにおばさん3が、「アナタ今、遠慮してって言ったね?じゃあ、遠慮しません!」と言った。
バイトを初めて日も浅かったので、何て対応すればいいんだろう…と混乱してしまい、
「申し訳ございませんが…」と半泣きになりながら移動をお願いするも、完全無視。

続きます。



[ 2017/07/24 16:01 ] ◆人々 オバ | TB(-) | CM(0)

「ま~たく、子供ばっかりで 邪 魔 よ ね ~」



胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!12
493: おさかなくわえた名無しさん 04/04/01 12:14 ID:ws64M14A

昨日家族でバイキングランチ(メインは焼肉、うどんやラーメン・寿司など沢山ある)に行ってきたんだけど、
小学生とその保護者の団体が2組いた。満席状態で店内はとても混雑していた。

私が食後のコーヒーを注いでいると、隣のうどんとラーメンのコーナーで、
小学生の女の子2人が作り方が分からず困った顔をしていた。
その後で無関係のおばさん客二人がその子達に聞こえるようにわざとらしく大声で
「ま~たく、子供ばっかりで 邪 魔 よ ね ~」
「ほんとほんと。うどんなんて つ ゆ を か け る だけじゃない」
「なにモタモタしてるのかしら!まったくもぅ!」

女の子達は余計シュンとしてしまったので、私が助け舟をだした。
「ほらあなた達、後の人に順番変わってあげなさい。」
泣きそうな顔になった女の子達を肩で退かすようにして、おばさん達はうどんにつゆをかけて行ってしまった。
そこでもう一言女の子達に声をかけた。
「こっちのお湯(麺茹で機)で麺をほぐしてからおつゆをかけないと、まずくて食べられないから気を付けてね。」
実際に麺をほぐしながら教えてあげると、女の子達の表情が明るくなったので、私もほっとした。

コーヒーを持って席に戻ったら、さっきのおばさん達が斜め前の席にいた。
そして案の定、うどんがまずいと店員さんに文句を言っていた。
でも店員さんも忙しかったのか、そっけなく一言。
「うどんやラーメンの作り方を説明した貼り紙はきちんとご覧になりましたか?」
おばさん達はそれ以上何も言わなかった。

店員さんGJ!


[ 2017/07/21 19:01 ] ◆人々 オバ | TB(-) | CM(0)
おすすめサイトの最新記事(外部サイト)